沖縄 菊酒

   沖縄の魅力と歴史

沖縄の菊酒

トップへ

沖縄の信仰に戻る

・ヒヌカン、旧暦1日・15日
・正月
・年頭の健康祈願
・ハチウクシー
・ヒヌカンの迎え日
(サカンケー)
・ジュールクニチ祭
・2月の屋敷御願
・2月ウマチー
・春の彼岸
・浜下り(ハマウリ)
・清明祭(シーミー)
・四日節句(ユッカヌヒー)
・七夕(タナバタ)
・旧盆(ウンケー)
・旧盆(ナカビー)

・旧盆(ウークィ)
・トーカチ
・ヨーカビ(妖怪日)
・8月の屋敷の御願
・シバサシ(柴差し)
・十五夜(ジューグヤー)
・秋の祈願
・菊酒(チクザキ)
・トゥンジー(冬至)
・ムーチー
・12月の屋敷御願
・ヒヌカンの昇天
・ウグヮンブトゥチ(御願解き)
・トゥシヌユゥル(大晦日)



菊酒(チクザケ)  御願の仕方 旧暦9月9日
旧暦9月9日(クングヮチ・クニチ)は、九の数字は陽の数(奇数)のうちで一番大きな九という字が二つ重なるので、
重陽(ちょうよう)の節句といい、別名「菊の節句」ともいわれています。
九が重なる「重九」は長久に繋がるということからその日は各家庭で菊酒を「火の神様」「祖霊」にお供えして
家族の健康と繁栄を祈願します。


【用意するもの】
 ・お酒、菊の葉 3枚  
 ・線香12本3本(火の神用)
 ・線香3本(仏壇用)、家族分用意する
 
【御願の手順】
 @酒を入れた盃に菊を3枚うかべます。
 A火の神に対して線香12本3本を立て菊酒を供えて、拝みます。
 B仏壇に対しては、菊酒を供え、まずは家長がヒラウコーを立て拝み、
   続いて集まっている家族
がそれぞれヒラウコーを立て拝みます。
【御願のグイス(拝みの言葉)例
 サリ アートートー、ウートートー
  今日は菊酒の日です。香り高い菊の葉をお供えし、○○家の家族の健康と繁栄を祈願いたします。
  9月9日の菊酒の拝みでございます。
 サリ アートートー、ウートートー

 御願が終わった後、お酒をいただきます。子供にはウビナディ(大人が子供の額にお酒を中指でチョンと付ける)
 をします。
                                                        参考文献
                                                          ・沖縄暮らしのしきたり読本
                                                          ・御願ハンドブック

沖縄の魅力と沖縄の歴史
スポンサードリンク
ページ上部へ ページ上部へ