美海紀行

   沖縄の伝説

沖縄の伝説

                         美海紀行

沖縄の伝説について

沖縄県には161の島がありその内46の島に人が住んでいます。

その一つに日本最西端の島与那国島は東京から2千キロ、那覇からは5百キロ、そして台湾からは百キロ余の所に位置する国境の島です。

与那国には世界最大の蛾、ヨナグニサンがいます。羽を広げると20センチを超えるものもいます。

与那国の人々は、昔から南与那国(ハイドウナン)という楽園が南の水平線の彼方にあると信じていました。

同じような伝説が人が住む日本最南端の波照間島にもあります。1648年にその伝説を信じた

島の人々が南波照間
(パイパティロース)を目指して目指して船出したという記録が残っています。


水平線の彼方に思いをはせた南の人々の情熱が偲ばれる伝説です

トップ


美海紀行
 1.首里城
 2.進貢船
 3.久米村
 4.カチャーシー
 5.サバニ
 6.ティサジ
 7.中国・福州
 8.甘藷(サツマイモ)
 9.紅型
10.空手
11.琉球の貿易
12.沖縄の城・グスク
13.江戸上り
14沖縄の.泡盛
15.亀甲墓
16.沖縄の伝説
17.干瀬(ヒシ)
18.シーサー
19.三線
20.ウチナーホウゲン
21.螺鈿細工






ページ上部へ ページ上部へ