沖縄

   沖縄の魅力と歴史

沖縄の御願・祈願の仕方

トップへ

沖縄の信仰に戻る

・ヒヌカン、旧暦1日・15日
・正月
・年頭の健康祈願
・ハチウクシー
・ヒヌカンの迎え日
(サカンケー)
・ジュールクニチ祭
・2月の屋敷御願
・2月ウマチー
・春の彼岸
・浜下り(ハマウリ)
・清明祭(シーミー)
・四日節句(ユッカヌヒー)
・七夕(タナバタ)
・旧盆(ウンケー)
・旧盆(ナカビー)

・旧盆(ウークィ)
・トーカチ
・ヨーカビ(妖怪日)
・8月の屋敷の御願
・シバサシ(柴差し)
・十五夜(ジューグヤー)
・秋の祈願
・菊酒(チクザキ)
・トゥンジー(冬至)
・ムーチー
・12月の屋敷御願
・ヒヌカンの昇天
・ウグヮンブトゥチ(御願解き)
・トゥシヌユゥル(大晦日)



ヒヌカンの迎え日(サカンケー) 旧暦1月4日
旧暦の12月24日にヒヌカン(火の神)は昇天し、天帝(天の神)に家庭の1年間を報告します。この仕事を終えたヒヌカンは、
翌年旧暦1月4日に再び地上に降りてきます。このヒヌカンをお迎えし、新しい年の健康、繁栄をお願いするのがヒヌカン
ウンケー(火の神迎え)です。
【用意するもの】
 ・線香12本3本(15本線香)を3組。
 ・線香3本を7組
 ・ウブク(お供えのご飯)3つ
 ・クバンチン(白紙)3枚1組を3組
 ・ビンシーセット(お酒、水、お米(洗い米と、洗わない米)、塩、ウチャヌク(3つ重ねた餅)、バナナ、リンゴ、ミカン)

【事前準備】
 ・ヒヌカンのまわりはきれいに掃除しましょう。
 ・香炉の灰がいっぱいになっている場合は御願の前に、灰を分けます。(やり方は本などで調べましょう)。

【御願の手順】
 @香炉の前にクバンチンを1組ずつ3つ並べ、その上にウブクを1つずつお供えする。
 Aビンシーセットをヒヌカンの前に置く。
 B15本線香に火をつけ、香炉に立てながらグイスを唱え始める。
 Cグイスを唱えながら3本線香に火をつけ、香炉の右端から左に向け7組をそれぞれ立てていく。(天昇とは逆になる)
  (香炉が小さい場合はアルミホイルを敷いて石を置き火をつけた線香を右から順に置いてやるところもあります)
 D3本線香を1組ずつ立てながら、今年の祈願をひとつずつ口にしていく。
 Eグイスが終わったら、ビンシーから米、洗い米、塩をひとつまみずつ、ヒヌカンのそれぞれの器に入れる。
 F次いで、ビンシーの酒と水をヒヌカンのそれぞれの器に少しずつ入れる。

【その他】
 
【御願のグイス(拝みの言葉)例
 サリ アートートー、ウートートー
 明るい○○年(今年の干支)を迎えました。
 天にお戻りになられています火の神様、本日はお迎えする日になっております。
 清らかな水、黄金のような塩、尊い酒、輝く米などをお供えし、お迎えいたします。
 どうか、この7段の橋をお渡りになって、家屋敷にお戻りください。
 (3本御香を1組ずつ立てながら、今年の祈願をひつつずつ口にする)
 天から降りられる際には、去年に増して、健康の徳、食べ物の徳、商売繁盛の徳、成功の徳、学問の徳、人の和の徳、
 をお持ちくださり、この家屋敷に住む家族に、ますますの立身出世の道を拓いてくださいますよう、お願いいたします。
 今年1年、火の神様を通してたくさんの神々の徳をいただくことができますように。
 サリ アートートー、ウートートー
 
                                                        参考文献
                                                          ・沖縄暮らしのしきたり読本
                                                          ・御願ハンドブック


沖縄の魅力と沖縄の歴史
スポンサードリンク
ページ上部へ ページ上部へ